釣具祭り『キープキャスト』の本音感想。攻略方法まとめも紹介!

2018年3月11日に開催されていた釣具の祭典「ザ・キープキャスト 2018」に行って思ったことを正直に語ります。限定ルアーを入手するための攻略方法や、キープキャストで持って行った方がいい持ち物を紹介。

広告

二日目の方が人が少ない!(らしい)

キープキャスト2018に行ってきました。私が行ってきたのは2018年3月11日の日曜日。キープキャストは土曜・日曜と2日連続で開催されたのですが、日曜日に行って正解でした。何故かと言うと…人が前日よりも少ないからです!(ブースの人が言ってたので信憑性は高いです)

人が少ないと何が良いか。抽選販売で当選する確率が上がります。日曜日に行ったおかげか、「キープキャスト2018限定カラー ダヴィンチ190」の抽選販売に余裕で参加できました(外れたけど)。

逆に朝一はルアーアングルハマに行け

本当は朝から並んで買うつもりだったのですが、Twitterで有力な情報を得たので急遽予定を変更。

朝起きてTwitterで「キープキャスト タイニークラッシュ」と検索してみると、なんとキープキャストでは販売予定がなかったタイニークラッシュを確保している人がいるではありませんか!

これは一体どういうこと?と思っていろいろ調べてみると、キープキャストの開催地であるポートメッセなごやの近くに、「lure angle HAMA(ルアーアングルハマ)」と呼ばれる釣具屋があり、そこでキープキャストと連動したイベントが行われていることを知りました。

イベント内容はルアーアングルハマ限定カラーのタイニークラッシュとネコソギDSRが、キープキャスト2018のチケットを持っている人のみに限り販売されるというもの。

というわけで当日は、ルアーアングルハマでタイニークラッシュとネコソギDSRを購入してからキープキャストに向かいました。

ルアーアングルハマの行列もかなりのものでした

ルアーアングルハマの行列もかなりのものでした

ルアーアングルハマでも朝7時の時点で80人くらいが並んでましたが、当日のタイニークラッシュの在庫は全カラー合わせて300個ほどだったらしく、余裕でタイニークラッシュをゲット。

タイニークラッシュとネコソギDSR

タイニークラッシュとネコソギDSR

ルアーアングルハマのブログの記事を見てみると、両日ともにタイニークラッシュとネコソギDSRが昼頃あたりに売り切れたとのこと。タイニークラッシュがどうしても欲しいという人にとっては、この情報を知っているのと知らないのとでは差がかなり開きましたね…。(キープキャストに行く前にSNSで情報収集しておいて本当によかった)

二日目でも行列がヤバい…!

その後電車でキープキャストの会場であるポートメッセなごやに向かってみると、朝9時に開場してから30分経っているのにも関わらず大行列が出来てました。

開場してから30分以上経つのに、行列がすごかった

開場してから30分以上経つのに、行列がすごかった

が、行列はすいすいと進んでいき、難なく会場入り。中は大勢の人、人、人…!

とりあえずいろいろなブースを歩いて見て回ったところ、500〜1000円程度で回せるガチャ(ガラガラ)に並んでいる人がとても多い!超激レアルアーのダッジが当たるレイドジャパンの行列が一番長かったと思います。

他にも一誠やシグナル、デプス、その他もろもろと見てきましたが、やはりガチャや販売の行列がすごい。行列にわざわざ並ぶよりも他のブースを見た方が有意義だと思ったので、いろんなブースを一つずつ見て回ることに。

小さめのブースが楽しいぞ

正直、ジャッカルやメガバスのブースは微妙…。なぜなら公式サイトで知ることができるルアーばかりですし。ただ有名人の方々がトークを頻繁に行っていたので、それが目当てだった人は得したと思います。

個人的に良かったのは、普段お目にかからないメーカーの存在ですね。主要なメーカーのルアーなりワームばかりいつも見ているので、小さなブースほど面白みがありました。

また、シマノやダイワ、一誠といった有名なメーカーよりも小さなメーカーの方が熱心に接してくれます。

メーカーによって対応に差がある

逆に言うと大きなメーカーは殿様商売的な感じがしてちょっと悪印象を抱きました…。どことは言いませんが、キープキャストに行けば肌感覚で理解できるかと。

例えばメーカーの代表(マスコットキャラクター的な存在の人)は気軽に写真撮影やサインに応じてくれますが、多くのファンに対応するためなのか時間が無い雰囲気を醸し出しています。長く会話するのはなんとなく迷惑な感じがしてしまい、私はサクッと写真撮影を終わらせてそそくさと立ち去るばかりでした。

ブースによっては全然盛り上がっていないところもありましたね。スタッフのオーラがヤバそうなところもあり、「そりゃ誰も寄り付かんだろ」と思っちゃいました。

欲しいルアーの情報を事前に集めろ!

で、大事なのは「抽選販売」です。例えばダヴィンチ190を限定販売していたエレメンツは、12時に抽選番号が書かれたステッカーを配布していました。こういった情報はメーカーの公式ブログで情報を収集するのが吉。

12時からのELEMENTSステージのどこかで抽選番号付きステッカーを配布いたします。

13時〜、14時〜、15時〜の3ステージの最後に当選番号をアナウンスいたします。

各ステージ10個づつの数量の販売です。

当選された方は、その場でお一人様一つご購入いただけます。

各ステージの抽選時間に当選番号をお呼びしてもいらっしゃらない場合は、次の抽選をさせていただきます。

引用:Davinci TALK と追加販売について – ELEMENTS®

他にもオーバスライブは限定カラーのモラモラやドリューの整理券を配ってました。当日は整理券配布後も少し在庫が残ってたので、それほど慌てなくても買えたはず。

エレメンツが一番トガッてた

エレメンツはダヴィンチ展を開催していて、オリジナルのダヴィンチよりも小さいダヴィンチ160や、アピール力の高そうなサイズのダヴィンチ240などを展示していました。

他にもソルト対応のダヴィンチやランブルテール、ダヴィンチが出来上がるまでのメモやノートも…。

エレメンツブースのDavinci展が一番オシャレだった印象

エレメンツブースのDavinci展が一番オシャレだった印象

スタッフさんたちの対応もかなり良く(というか初々しく)、テスターの超絶イケメンの方はシャイな人でした。トークショーではダヴィンチの使い方を話してました。ダヴィンチはただ巻きでも使えるし、ピッチングでテキパキと高速に攻めていくのもアリとのこと。

惜しいのはトークショーが全然盛り上がってなかったことですかね…。(大手メーカーのブースにはベテランばかりがいるので、差は歴然でした)

トークショーの内容は悪くないんですが、トークを聞きに来ている人全員が「限定カラーのダヴィンチ目当て」という雰囲気がぷんぷん。

エレメンツチームにはトーク力を上げるか、トーク力のある盛り上げ役を雇うなりした方がいいかもしれません…が、トーク力を上げることよりも開発と出荷の方を優先してほしいですね。

昼ごはんは考えもの

ちなみに私は昼飯をパスしました…。なぜなら11時なのにめちゃくちゃ人が並んでいたから…!

キープキャスト2018の屋台とその行列

キープキャスト2018の屋台とその行列

ほとんどの屋台に行列が出来ていて、行列に並ぶのが本当にしんどくて…。

キープキャストの攻略方法まとめ

キープキャスト2018で「もっとこうすれば良かったな」と感じたことを一挙にまとめます!

  • なるべくリュックを持っていこう(両手が空くとリールやロッド、ルアーに触るのが楽になる)
  • 屋台で並ぶのが嫌なら、コンビニでおにぎりや弁当を買っていこう(中で食べるのはアウトかも?)
  • 水分補給のために水やお茶を持っていこう
  • 会場内には休憩場もあるので、そこで飲食するといいかも
  • キープキャストで限定ルアーを買うために並ぶよりも、ルアーアングルハマでレアなルアーを買いに行く方がいいかも
  • 前日はしっかりと睡眠をとろう(歩き疲れると各ブースを回る体力がなくなり、全てのブースを回る前に帰宅する決心をしてしまう)
  • ブースで無料配布されているアイテム(ルアーケース等)は積極的に貰った方がお得
  • リューギブースでは無料でルアーのフックを変えてもらえるので、フックのついたルアーを持っていくと良い
  • 当たればデカイので、1回500円程度のガチャにたくさん参加してみると楽しい
  • 限定ルアーは本当にキープキャストでしか買えないので、現金はたくさん持っていこう(特に一誠は限定ルアーが多い。クレジットカードは使えない雰囲気)
  • 事前に前売り券をネットで注文し、コンビニで発行すれば、当日はすぐに列に並べる(列に並んで限定ルアーを確保する場合は確実にそうすべき)
  • スタンプラリーに参加するとガラガラを回せる(尺ワンとかが当たる)
  • 全てのブースに回ることはほぼ不可能なので、行列に並ばないなどの割り切りも大事

限定ルアーをケチらずに買えば良かった…

一番後悔したのは一誠のハスフラット00号機(プロトタイプ)を「6500円は高いから」という理由で買わなかったことですかね。キープキャストから帰ってからハスフラットの動きをTwitterで見て、ホントに悔しくなりました…。

まぁ、ハスフラットも一般発売する予定なので、それまでタイニークラッシュやジョイクロで遊んどきますわ…。