SBIの仮想通貨「Sコイン」はビットコインに勝てるのか?将来性を考察

住信SBIネット銀行、SBI証券など金融サービス事業を営むSBIホールディングス株式会社(SBIグループ)が発行する仮想通貨「Sコイン」の勝算を考えてみた。Sコインに投資(投機)するのは無理っぽい。SBIバーチャル・カレンシーズはチェックしておいた方がいいかも。

広告

Sコインの主な役目は「決済手段」

SコインはSBIホールディングス株式会社(以下、SBI)が発行する仮想通貨。SBIは「Sコインプラットフォーム」と呼ばれる決済用プラットフォームを公開する予定です。

以下、SBIによる公式発表の引用です。

「Sコインプラットフォーム」(以下「本プラットフォーム」)では、仮想通貨や前払式支払手段の電子マネー等、様々な電子通貨を発行し決済に利用することが可能となっており、当社が発行する「Sコイン」や地方自治体・事業会社・地域金融機関などが発行する独自のコイン(トークン・地域通貨)を用いて、スマートフォンを用いた簡易な決済手段を提供していきます。地方自治体や事業会社、地域金融機関は本プラットフォームを導入することで大きな初期投資を必要とせず様々な地域のニーズに合ったコインを発行することが出来るようになるほか、コイン同士の交換も出来るようにする予定です。

まずSBIは「Sコインプラットフォーム」を構築・公開し、Sコイン以外の仮想通貨の発行や、仮想通貨の交換が可能になるようにするようです。SBIは既にSBIバーチャル・カレンシーズという会社とサイトを公開しています。SBIバーチャル・カレンシーズを基軸にSコインを広めていく…のかもしれません。

Sコインに投資するのは間違い?

気になるのは「Sコインは値上がりするのかどうか」ということ。日本経済新聞によると「Sコインは日本円との安定した交換レートを常に提供することで、決済手段として普及させたい考え」とのこと。残念ながらSコインは投機対象にはなりえないようです。今のところ。(まだ未確定の情報が多いので投資対象になりうる仮想通貨になる可能性もあります)

Sコインは日本人と海外観光客しか使わないのか

そうなると「誰がSコインを使うんだ?」という疑問がわいてきます。これは分かりきっています。日本人と海外から来た観光客です。

ビットコインは既に世界的に有名。Sコインが外国人にも使われるようになるためには日本の事業者だけでなく、海外にもSコインの存在をアピールする必要があります。

現実的には海外から来る観光客が海外の仮想通貨取引所でビットコインを購入し、ビットコインとSコインを交換。その後、Sコインをスマホなどのウォレットアプリで保管した状態で日本にやってくる…というのがメインになってくるのかもしれません。

Sコインの決済速度が高速なら勝機はある

ビットコインの問題は決済スピードの遅さにあるので、Sコインの決済スピードが一瞬で終わるくらいなら少なくとも日本ではコンビニで利用できるくらいは広まるのではないでしょうか。

Sコインが「使える仮想通貨」になるのかどうかはSBIの営業や宣伝次第です。ビットコインのように高騰したり暴落したりしないと取り上げられにくいかも。しかしガイアの夜明けなどの地上波テレビ番組で紹介されたら一気に知名度が上がったりする可能性も。

Sコインの将来性には少し心配していますが、決済スピードが早ければ使う人は使うんじゃないですかね。「1万円分のSコインを買えば◯◯円キャッシュバック!!」みたいなキャンペーンを行ったりするのでしょうか。

Sコインは2018年春から試験的に開始されます。Sコインの購入はSBIによる仮想通貨取引所(あるいは販売所)の「SBIバーチャル・カレンシーズ」で可能になるものと思われます。要チェックです。

(以下、アフィリエイトと関連記事)

▼高機能アプリでビットコインFX・現物取引がしたいならGMOコイン

▼コイン積立ならZaif

▼本格的に短期トレードしたいならbitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

▼他の取引所の詳細も知りたいなら

ビットコイン/アルトコインが買えるおすすめの仮想通貨取引所比較と一覧

2017.08.09