モンスターエナジーのおすすめの味や種類の違いを紹介!効果や安く買う方法についても解説

炭酸飲料かつエナジードリンクであるMonster Energyを種類ごとにレビュー!飲んだ後の感想や効果、液体の色、半額に近い価格で大量購入するお得な方法についても。カフェイン効果で眠くなりにくくなるし、集中力が持続する感じがする。味と匂いは甘く、キレのある後味は爽快。仕事や勉強前に飲むのがおすすめ。

広告

モンスターエナジーとは?

モンスターエナジー(Monster Energy)とはモンスターエナジージャパンとアサヒ飲料株式会社から発売されているアメリカ生まれのエナジードリンクのこと。

いろんな種類のモンスターエナジーを飲んでみたので、一つずつレビューし、おすすめの味を紹介します。最後に、お得に大量購入する方法も紹介します!

「味」は甘い

モンスターエナジーは様々な種類があり、どれも似たような味をしています。共通している味は「甘い」です。

もちろんそれぞれ種類ごとに味は変わってきます。またモンスターエナジーは炭酸飲料でもあるので、コーラのようにシュワシュワした後味も楽しめます。

「まずいのか? おいしいのか?」といった問いに関しては「うまい!」と断言できます。独特な風味は多少ありますが、コーラやファンタが好きな人なら普通にハマるはず。

「匂い」は甘ったるい

味が甘いので匂いも甘ったるいです。密閉された小さな部屋で飲むと甘い香りが充満する、とはいかなくても、甘さは確実に部屋に残るレベルです。

匂いが気になるなら換気した方がいいと思います。私はモンスターエナジーの匂いが好きなので飲んだ後も積極的に換気することはありませんが。

「炭酸」は強くはない

炭酸は強めではなく微炭酸から中炭酸くらいの量で入っています。喉が痛くなるほど入っているわけではありません。ただ、商品の状態によって感じ方は変わるでしょう。

炭酸によって甘いだけでなく、キレがあって飲んだ後はすっきりします。飲み始めは舌が痺れますが、間をおかず飲むと痺れなくなります。

もちろん炭酸が入っているので、飲んでから少し経つとゲップが出ます。

カフェイン効果で目が覚める

モンスターエナジーにはカフェインが入っているので、仕事や勉強の前に飲むと眠くなりにくくなります。

あくまでも個人的な意見ですが、飲んだ後は集中力が持続する感じがします。私はいつも「ここぞ」という時に飲んでいます。

実際に飲んでレビューしてみる

Monster Energy(緑色)

緑色のモンスターエナジー

緑色のモンスターエナジー

標準のモンスターエナジーですね。味はまさに「エナジードリンク」という感じ。

普通の甘いジュースよりも独特な深みやまろやかさがあり、甘いけれどそれでいてキレがあります。このキレは炭酸のおかげですかね。

高麗人参が入っているせいか少し薬のような風味もありますが、強すぎるわけではなくちょうどいいです。

色は緑茶の色に近いです。

モンスターエナジーの色は薄い茶色

モンスターエナジーの色は薄い茶色

原材料と成分

モンスターエナジーの原材料と成分

モンスターエナジーの原材料と成分

栄養成分表示(100mlあたり)
エネルギー 50kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 13g、ナトリウム 78mg、ビタミンB2 0.7mg、ナイアシン 8.5mg、ビタミンB6 0.8mg、ビタミンB12 1 – 6μg
L-アルギニン 125mg、D-リボース 125mg、高麗人参 82mg、L-カルニチン 29mg、カフェイン 40mg

(以下、アフィリエイト有り)

Monster KHAOS(オレンジ色)

オレンジ色のモンスターカオス

オレンジ色のモンスターカオス

オレンジ色の缶のものが「Monster KHAOS(モンスターカオス)」です。果汁が30%入っており、エナジードリンク感はほぼありません。ほぼジュースです。

味に関しては標準のものとあまり変わりません。どちらかというとファンタのオレンジ味に近いです。薬の風味は少ないです。

もちろん甘いですし、おいしいです。

モンスターカオスの色はオレンジに茶色が入り込んだ感じなのですが、照明のせいで気持ち悪い色になってしまいました…。本当はもっと明るい色です。

モンスターカオスの色はオレンジに茶色が入り込んだ感じなのですが、照明のせいで気持ち悪い色になってしまいました…。本当はもっと明るい色です。

原材料と成分

モンスターカオスの原材料と成分

モンスターカオスの原材料と成分

栄養成分表示(100mlあたり)
エネルギー 35kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 9g、ナトリウム 10mg、ビタミンB2 0.7mg、ナイアシン 8.5mg、ビタミンB6 0.8mg、ビタミンB12 0.7~6μg
L-アルギニン 125mg、D-リボース 125mg、高麗人参 85mg、L-カルニチン 3mg、カフェイン 40mg

Monster Absolutely Zero(青色)

青色のモンスターアブソリュートリーゼロ

青色のモンスターアブソリュートリーゼロ

「Monster Absolutely Zero(モンスターアブソリュートリーゼロ)」はかなりうまいです。糖類0gなのにちゃんと甘い。そして甘すぎない。キリッとしています。

モンスターエナジーの中でも飲んだ後が一番軽い感じで、体への負担が少ないです。

個人的には一番好きです。大量購入して飲み続けるならモンスターアブソリュートリーゼロがおすすめ。

モンスターアブソリュートリーゼロの色は、モンスターエナジーよりも少し茶色っぽい。

モンスターアブソリュートリーゼロの色は、モンスターエナジーよりも少し茶色っぽい。

原材料と成分

モンスターアブソリュートリーゼロの原材料と成分

モンスターアブソリュートリーゼロの原材料と成分

栄養成分表示(100mlあたり)
エネルギー 0kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 1.0g、ナトリウム 38mg、ビタミンB2 0.7mg、ナイアシン 8.5mg、ビタミンB6 0.8mg、ビタミンB12 1~7μg、糖類 0g
L-アルギニン 125mg、高麗人参 85mg、L-カルニチン 29mg、カフェイン 40mg

M3 Extra Strength(緑色のビン)

緑色のビンの「M3 Extra Strength」

緑色のビンの「M3 Extra Strength」

緑色の小さなビンなのが「M3 Extra Strength」(エムスリーエクストラストレングス)です。

味は標準のものと変わらないですね。というより、違いが分かりません。

カフェインが他のものより多く入っているおかげか、飲んだ後はすぐに目が覚めます。鼻息がほんのすこし熱くなる感じがしました。

「M3 Extra Strength」の色は明るく薄い黄色

「M3 Extra Strength」の色は明るく薄い黄色

原材料と成分

「M3 Extra Strength」の原材料と成分

「M3 Extra Strength」の原材料と成分

栄養成分表示(150mlあたり)
エネルギー 65kcal、たんぱく質 1.2g、脂質 0g、炭水化物 16g、ナトリウム 95mg、VB2 0.1-3.3mg、ナイアシン 31mg、VB6 3.1mg
L-アルギニン 450mg、D-リボース 444mg、高麗人参 300mg、L-カルニチン 109mg、カフェイン 140mg

モンスターエナジーを安い価格で大量購入する方法

モンスターエナジーはスーパーで1本あたり約190円で買えます。Amazonだと1本あたり約170円で購入できるのですが、355mlのものを24本も大量購入しないと買えません。

ちょっプルなら約50%OFFで試せる

しかし話題の商品がお得に試せるサンプル百貨店「ちょっプル」では、1本あたり98円ほどで買えます。

確かに24本も同時に買うと多少値が貼ってしまいますが、Amazonでは約4,000円掛かるのに対し、ちょっプルでは2,350円ほどで買えてしまいます。めっちゃお得です。

ただ一つ言っておかなければいけないことがあります。それは、ちょっプルは「商品の体験機会を提供している」という体で運営されているということです。

厳密に言うとちょっプルでは商品を買うのではなく、試すことが出来るというわけです。ただ、実質的には違いはありません。

商品を通常価格の半額から1/3の費用で試すことができる「ちょっプル」は、以下のリンク(ボタン)をクリックして頂けると公式サイトが開きます。

(以下、アフィリエイト)

▼クーポンをゲットするならこちらのバナーから



▼紹介しきれなかったモンスターウルトラ

広告