【仮想通貨】DMM Bitcoinの特徴と評判を超わかりやすく徹底比較!

DMM Bitcoinをわかりやすく解説します

DMMグループによる仮想通貨販売所「DMM Bitcoin」ではビットコイン以外の取扱通貨(アルトコイン)は数種類あり、豊富なチャートが使える専用ツールをPC版だけでなくスマホアプリも用意。レバレッジ取引(FX)も可能で取引にかかる手数料はほぼ無料。GMOコインとかなり良い勝負をしています。

広告

DMM Bitcoinとは?

DMM Bitcoin 公式サイト

DMM Bitcoin 公式サイト

DMM Bitcoinとは株式会社DMM.comによる仮想通貨取引所(または仮想通貨販売所)のこと。2018年1月11日から口座開設の申し込みがスタートしました。

そして「株式会社DMM Bitcoin」は約2ヶ月の審査を経て、2017年12月1日に仮想通貨交換業者として認定されました。

2017年12月12日に「株式会社東京ビットコイン取引所」から「株式会社DMM Bitcoin」へと商号を変更。「株式会社東京ビットコイン取引所」時代では取引所と販売所を運営していました。

DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinのサービス内容は以下の通りです。

  • 現物取引3通貨ペアレバレッジ取引14通貨ペアの取り扱い通貨ペア(入出庫可能仮想通貨は、当初、ビットコイン及びイーサリアム
  • レバレッジ5倍のレバレッジ取引のご提供
  • 株式会社DMM.com証券の「DMM FX」を通じて幅広い投資家の方々にご好評いただいている取引ツールと同様な視認性と機能性を有する、利便性の高いPC版及びスマホアプリでの取引ツールのご提供
  • 24時間365日での利用者サポートや各種手数料が無料等の充実したサービス内容

引用:新ブランド「DMM Bitcoin」での取引サービススタートのお知らせ : プレスリリース|DMM.com Group

「レバレッジ取引14通貨ペア」はかなり魅力的ですね。仮想通貨FXに関しては国内でトップを取れるかもしれません。

細かな特徴は?

  • 現物取引で可能な注文の種類は「ストリーミング注文、指値注文、逆指値注文、OCO(オーシーオー)」
  • レバレッジ取引(FX)で可能な注文の種類は「ストリーミング注文、指値注文、逆指値注文、OCO(オーシーオー)、IFD(イフダン)、IFO(IFD+OCO)、一括決済、クイック決済」
  • レバレッジ取引では、証拠金維持率が80%を下回った時点でロスカット発動
  • 銀行振込、クイック入金で口座に日本円を入金できる
  • 手数料はレバレッジ手数料以外は無料

取り扱い通貨

DMMで売買できる仮想通貨

DMMで売買できる仮想通貨

DMM Bitcoinで売買できる仮想通貨は以下の通りとなっています。以下のリストは日本円で買える仮想通貨です。

日本円と交換できる仮想通貨 現物取引 レバレッジ取引(FX)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ネム(XEM)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサクラシック(ETC)
ビットコインキャッシュ(BCH)

ネムやリップルなどのアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を売買できないのは、DMM Bitcoin側が供給源を確保できていないからでしょう。

DMMによるマイニングが軌道に乗れば、アルトコインも気軽に買えるようになるはずです。

DMM Bitcoinでは日本円以外でも仮想通貨を交換できます。現時点ではビットコインとイーサリアムのペアしか現物取引はできないですが、仮想通貨同士の交換もDMMのマイニング次第で充実してくるでしょう。

他の仮想通貨と交換できる仮想通貨 現物取引 レバレッジ取引(FX)
イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)
イーサクラシック/イーサリアム(ETC/ETH)
ネム/ビットコイン(XEM/BTC)
リップル/ビットコイン(XRP/BTC)
ライトコイン/ビットコイン(LTC/BTC)
イーサクラシック/ビットコイン(ETC/BTC)
ビットコインキャッシュ/ビットコイン(BCH/BTC)

手数料がほとんど無料!

DMM Bitcoinでは手数料がほとんど無料

DMM Bitcoinでは取引にかかる手数料がほぼ無料です。例えば現物取引にかかる手数料はタダですし、レバレッジ取引も取引に関しては手数料は無料です。

そしてなんと言っても日本円の入金手数料と出金手数料が無料ということ。かなりGMOコインを意識しているのが手に取るように分かります。GMOコインも手数料に関してはほぼほぼ無料ですから。

ただし振込手数料に関しては、使っている銀行によっては銀行手数料がかかる場合があるはず。なるべくクイック入金を使った方がいいです。利用している銀行がクイック入金に対応していない場合は、速攻で別の銀行口座を開くべき。

またレバレッジ手数料は有料です。ポジションを持っていると0.04%と低価格ですが取られるものは取られます。やはりレバレッジをきかせた取引するならデイトレードが基本になってきますね。

高機能スマホアプリを用意

DMM Bitcoinのスマホアプリ

GMOコインと同様にDMM Bitcoinもネイティブアプリを用意してきました。画像の通りだとかなり良さそうに見えますね…。

スマホアプリの機能性はPC版の取引システムと匹敵するとのこと。

DMM Bitcoinが用意したスマホアプリなら、チャートを見ながらワンタッチで注文ができ、レートアラート通知や経済指標アラートも搭載。十分すぎるくらい機能的ではないでしょうか。

PCでの取引もかなり良さそう

DMM BitcoinのPC版取引ツールの様子

PC版の取引ツールでは、レイアウトの変更を自分好みにできる他、「ストリーミング、指値・逆指値、OCO、IFD(レバレッジ取引のみ)、IFO(レバレッジ取引のみ)」など、一括決済やクイック決済も可能。

しかも移動平均線、一目均衡表、MACD、RSI等のテクニカル指標も完備。チャートから発注する機能も搭載しているので、かなり取引がしやすそうです。

DMM Bitcoinの口座を仮開設してPC版取引ツールを覗いてみた

2018.01.11

DMM Bitcoinと他社の比較

販売所 取引所 取扱通貨 レバレッジ倍率
DMM Bitcoin まあまあ 5倍
GMOコイン まあまあ 5倍、15倍、25倍
coincheck 豊富 5倍
bitFlyer 少なめ 1 倍、2 倍、3 倍、5 倍、10 倍、15 倍
Zaif 多め 最大25倍

取引所と販売所の違いは、取引所ではユーザー同士で仮想通貨を売買するのに対し、販売所は運営元(会社)と仮想通貨を売買するということ。普通は販売所よりも取引所で仮想通貨を買ったり売ったりするのがお得です。

DMM Bitcoinの場合は販売所やレバレッジ取引のみが利用できます。ただ、販売所から始めて後から取引所を開設するパターンも考えられます。

DMM Bitcoinの評判

動画配信サービス、FX、ゲーム、格安スマホ…など、多岐にわたるサービスを運営しているDMM。

仮想通貨分野に関しては既に「DMMマイニングファーム」の運営を開始しています。販売所でユーザー相手に販売する仮想通貨は、マイニングで得た物になるはず。

肝心の評判に関してですが、大抵の仮想通貨取引所はスタート時にコケることが多いです。DMM Bitcoinも例外ではないでしょう。GMOコインも最初はちょっと微妙でした。

現在、口座開設の申し込みはどの取引所も殺到しています。DMM Bitcoinのサービスがスタートしたら速攻で口座を開設し、しばらくは暖かい目でDMM Bitcoinの運営ぶりを見守るのがいいかもしれません。

DMM Bitcoinのデメリット

DMM Bitcoinのサービス内容は他社とそれほど変わりません。心配ごとがあるとすれば、サーバーが落ちないかどうかという点。

仮想通貨の相場は変動が大きく、暴騰している時も暴落している時もサイトの反応が鈍くなりがち。このような状況になるのはどの取引所も変わりません。

DMM Bitcoinのメリット

DMM Bitcoinは金融庁に認められた仮想通貨取引所ということもあって、セキュリティ面などに対して安心感を覚えます。

暴騰・暴落時のサーバーダウンの懸念はありますが、DMMには動画配信サービスや「DMM FX」の運営を長らく行っているノウハウがあります。

運営が安定するまで多少の時間は掛かるかもしれませんが、そこまで心配する必要はない…かもしれません。

口座を開設する方法(最短5分で完了します)

口座を開く手順は、おおまかに以下の通りとなっています。

  1. DMM Bitcoin公式サイトにてメールアドレスを登録
  2. 基本情報を入力する
  3. 本人確認書類の提出
  4. 郵便物に記載されているコードを公式サイトで入力する
  5. 口座開設が完了
  6. 入金すればすぐに取引可能

DMM Bitcoinにてメールアドレスを登録し、アカウントを作成すればPC版取引システムを覗くことが可能です。

スマホアプリに関してはアカウントが無くても軽く試せるとのこと。

とりあえずDMM Bitcoinがどんなものなのかチェックしたい人は、DMM Bitcoinでメールアドレスを登録してみるか、スマホアプリをインストールしてみるといいでしょう。

1. メールアドレスを登録する

DMM Bitcoin 公式サイトを開き、メールアドレスを登録します。公式サイトにある「口座開設」をクリックしましょう。

口座開設をクリック

メールアドレスを入力し、「私はロボットではありません」にチェックを入れ、「送信する」を押します。

メールアドレスを登録する画面

登録したメールアドレスに確認のメールが届きます。メール文中にあるリンクをクリックしましょう。

登録メールアドレスの確認

2. パスワードを設定する

次にパスワードを設定するページが開きます。大事なお金を預ける口座を開くので、なるべく長く強固なパスワードにするといいでしょう。

パスワードを設定するページ

この時点でマイページが開設され、実際に使う取引ツールなどを見られるようになります。

3. 個人情報を入力する

登録したメールアドレスとパスワードをログイン画面に入力し、マイページに移動したら本登録を行います。

本登録を行う

個人で利用する場合は「個人」を選択。会社として利用するなら「法人」を選択しますが、ほとんどの人は「個人」でしょう。サービス基本約款と仮想通貨説明書、確約書もちゃんと読んでおきましょう。

契約書を読むページ

ページに書かれている内容を必ず読み、同意できるようでしたら四角のボックスをクリックしてチェックを入れていきます。

同意するページ

名前・性別・生年月日・携帯電話番号などを入力していきます。SMS認証が控えているので、携帯電話番号は必ずSMS受信が可能なものを入力してください。050で始まる携帯電話番号にしてしまうとSMS認証ができなくなります。

個人情報を入力するページ

4. 住所や職業を入力する

同様に住所も入力していきます。口座が開設されると、ここで入力した住所に確認のための郵便物が届きます。

住所を入力するページ

職業・年収・自己資産・取引目的・投資経験…などを入力していきます。

年収などを入力するページ

確認画面で、入力した内容が正しいかチェックします。

口座開設の確認画面

5. 本人確認書類をアップロードする

次に本人確認書類をアップロードします。本人確認書類はスマホで撮影します。

本人確認書類をアップロードする

利用できる本人確認書類は以下の通りです。顔写真付きなら1種類、顔写真無しなら2種類の提出が必要です。

  • 免許証
  • パスポート
  • 住民台帳基本カード
  • 在留カード
  • 各種保険証及び住民票の写し等(各種保険証、住民票の写し、年金手帳、印鑑登録証明書)

マイナンバーカードを使う場合、自身のマイナンバーは伏せた状態でOKだそうです。

顔写真付きの本人確認書類は以下の画像のように、表面と裏面を合わせて提出する方がスムーズに審査が進むかと思われます。

本人確認書類の提出方法

参考:本人確認書類と送付方法について | DMM Bitcoin

6. SMSで携帯電話番号認証をする

そして携帯電話番号認証を行います。コードを発行するとSMSで認証コードが届きます。携帯電話番号認証のページにて認証コードを入力すると完了です。

携帯電話番号を認証する

7. 審査を待ち、認証コードを入力する

お疲れ様でした。あとは口座開設の審査を待ちます。

審査が終わると入力した住所に認証コードが入った郵便物が届くので、その認証コードをマイページから入力することで仮想通貨の取引が可能になります。

太っ腹なキャンペーンを開催中!

2018年1月11日から2018年3月31までのあいだ、DMM Bitcoinはリリース記念キャンペーンを開催中。新規に口座開設を完了した人全員が、もれなく1,000円を獲得できます。この機会を逃す手はありません!

DMM Bitcoinのキャンペーン情報

口座開設申請は最短5分で完了するくらい簡単です。まずはメールアドレスだけ登録してみて、取引ツールを覗いてみるのもいいでしょう。

▼バナーをクリックすると公式サイトが開きます

▼高機能アプリでビットコインFX・現物取引がしたいならGMOコイン

▼コイン積立ならZaif

▼本格的に短期トレードしたいならbitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

(このページでは、株式会社DMM Bitcoinを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を引用しております。Copyright © since 1998 DMM All Rights Reserved.)