ビットコイン/アルトコインが買えるおすすめの仮想通貨取引所比較と一覧

Bitcoin(BTC)が買えるビットフライヤーやZaif、コインチェックなどおすすめの日本の仮想通貨取引所を紹介。初めて仮想通貨(暗号通貨)を購入する未経験者や初心者のために注意点やリスク、手数料を解説。クレジットカードで買ったり、銀行振込で口座に日本円を入金した後に取引できます。(Photo:Zach Copley)

広告
補足
この記事に掲載されている仮想通貨を売買する際に掛かってくる手数料などの情報は記事更新時点のものです。読んでいる時点では情報が更新されている可能性があるので、詳細は公式サイトにてお確かめください。

仮想通貨取引のリスクについて

ビットコインまたはアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨およびトークン)の価格は刻一刻と変わります。価格変動リスクがあるということです。他にも法令・税制変更リスクや営業時間リスクなどもあります。ビットコインを売買する場合は、これらのリスクを理解した上で取り引きしましょう。

なお、「ビットコイン」と「ビットコインキャッシュ」は別物なので注意しましょう。「ビットコインキャッシュ」はアルトコインの一種です。以下、日本語で利用できる仮想通貨取引所の一覧です。

bitFlyer(ビットフライヤー)

運営会社概要:2014年設立、所在地は東京都港区

運営元 株式会社bitFlyer
設立 2014年1月9日
資本金 41億238万円(資本準備金含む)
所在地 東京都港区赤坂 3-5-5 ストロング赤坂ビル8階
代表取締役 加納裕三

参考:会社概要 – ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】

取り扱い仮想通貨

  • Bitcoin(ビットコイン・BTC)
  • Ethereum(イーサリアム・ETH)
  • Litecoin(ライトコイン・LTC)
  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ・BCH)

特徴

サービス内容 有無
現物取引
簡単売買
クレジットカード購入
信用取引(FXまたはレバレッジ取引)
先物取引
積立 ×
貸仮想通貨サービス ×
ハッキング対策、顧客資産の分別管理
不正ログイン被害の補償

取り引き手数料

販売所・FX・先物におけるビットコインの売買手数料は無料ですが、取引所では0.01%〜0.15%となっています。

取引所のビットコイン売買手数料は直近30日の取引量が多いほど低くなる仕組みで、たとえば10万未満だと0.15%、200~500万円未満だと0.10%です。

▼bitFlyerの詳細はこちら

coincheck(コインチェック)

運営会社概要:2012年設立、所在地は東京都渋谷区

運営元 コインチェック株式会社(Coincheck,inc.)
設立 2012年8月28日
資本金 9,200万円
所在地 東京都渋谷区恵比寿西2丁目7−3 いちご恵比寿西ビル4F
代表取締役 和田晃一良
取締役 和田圭祐大塚雄介

参考:コインチェック株式会社 | 支払いを、もっと便利に、快適に。

取り扱い仮想通貨

  • Bitcoin(ビットコイン・BTC)
  • Ethereum(イーサリアム・ETH)
  • Ethereum Classic(イーサリアムクラシック・ETC)
  • Lisk(リスク・LSK)
  • Factom(ファクトム・FCT)
  • Monero(モネロ・XMR)
  • Augur(オーガー・REP)
  • Ripple(リップル・XRP)
  • Zcash(ゼットキャッシュ・ZEC)
  • NEM(ネム・XEM)
  • Litecoin(ライトコイン・LTC)
  • Dash(ダッシュ・DASH)

特徴

サービス内容 有無
現物取引
簡単売買
クレジットカード購入
信用取引(FXまたはレバレッジ取引)
先物取引 ×
積立 ×
貸仮想通貨サービス
ハッキング対策、顧客資産の分別管理
不正ログイン被害の補償

取り引き手数料

ビットコイン取引所に関しては現在は無料です。

▼coincheckの詳細はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

Zaif(ザイフ)

運営会社概要:2014年設立、所在地は大阪

運営元 テックビューロ株式会社(Tech Bureau, Corp.)
設立 2014年6月16日
資本金 8億3,013万円(資本準備金含む)
所在地 大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
代表取締役 朝山貴生

参考:会社概要 | Zaif Exchange

取り扱い仮想通貨

  • Bitcoin(ビットコイン・BTC)
  • Ethereum(イーサリアム・ETH)
  • MonaCoin(モナコイン・MONA)
  • NEM(ネム・XEM)
  • Counterparty(カウンターパーティー・XCP)
  • BitCrystals(ビットクリスタル・BCY)
  • Storjcoin X(ストレージコインX・SJCX)
  • Pepe Cash(ペペキャッシュ・PEPECASH)
  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ・BCH)

特徴

サービス内容 有無
現物取引
簡単売買
クレジットカード購入
信用取引(FXまたはレバレッジ取引)
先物取引
積立
貸仮想通貨サービス ×
ハッキング対策、顧客資産の分別管理
不正ログイン被害の補償 ×

取り引き手数料

ビットコインの場合はmaker手数料が-0.01%、taker手数料が-0.01%となっており、取り引きするほどビットコインが貰える仕組みになっています。

※maker(メイカー)とは注文を板に並べる事を言い、並んだ注文を消費する事をtaker(テイカー)と言います。 引用:仮想通貨取引所・販売所 – Zaif

▼Zaifの詳細はこちら

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

特徴:アジア1位を狙うグローバルな仮想通貨取引所

QUOINEと書いて「コイン」と読みます。QUOINEが運営する仮想通貨取引所が「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」です。

シンガポールにて2014年11月に設立した後、2016年6月に本社機能が日本に移転されました。日本だけでなく、アジアを中心に最初からグローバルに展開されています。ビジネス向けに仮想通貨取引エンジンの提供も行っている会社です。

日本円以外にもEUR(ユーロ)、SGD(シンガポールドル)、HKD(香港ドル)、AUD(豪ドル)、CNY(人民元)、INR(インドルピー)、PHP(フィリピンペソ)、IDR(インドネシアルピア)といった通貨で仮想通貨を「多通貨取引」できるのが特徴的。

多通貨取引とはレバレッジ取引の機能で、建値通貨以外のマーケット/商品を取引可能ということです。例えば、JPYが建値通貨としてBTCJPYを取引するだけでなく、BTCUSDも取引でき、損益がJPYだけで計算されます。

引用:多通貨取引 – QUOINE PTE. LTD.

運営会社概要:2014年設立、所在地はシンガポール・日本・ベトナム

運営元 QUOINE株式会社
設立 2014年11月
資本金 約20億円
所在地 東京都千代田区平河町2-7-3 PMO平河町2階
CEO 栢森 加里矢
CTO Mario Gomez-Lozada

参考:QUOINE | Financial Services on the Blockchain

取り扱い仮想通貨

  • Bitcoin(ビットコイン・BTC)
  • Ethereum(イーサリアム・ETH)
  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ・BCH)

特徴

サービス内容 有無
現物取引
簡単売買 ×
クレジットカード購入 ×
信用取引(FXまたはレバレッジ取引)
先物取引 ×
積立 ×
貸仮想通貨サービス ×
ハッキング対策、顧客資産の分別管理
不正ログイン被害の補償

取り引き手数料

ベースとなる通貨の場合は現物取引、レバレッジ取引の手数料は基本的に無料です。

▼アジア圏最大級の仮想通貨取引所「QUOINEX」の詳細はこちら



GMOコイン

特徴:日本国内最大級のIT企業グループによる仮想通貨取引所

GMOコインは企業・個人向けにサーバーを提供していることで有名なGMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所です。GMOインターネットグループはサーバー運用を主としているので、仮想通貨が暴落・暴騰している最中でも他社と比べてサイトが重くなりにくいでしょう。

ユーザー同士が取引しあう取引所システムは現在のところ無いです。仮想通貨の売買はGMOコインを相手にすることとなります。現物取引も可能ですが、メインはFX(証拠金取引)です。スプレッド(買値と売値の差)が少なくなるキャンペーンが頻繁に実施されています。

期間限定ではありますが、ビットコインのFX取引を行うだけで最大10,000円のキャッシュバックが貰えたりするお得なキャンペーンが開催されていたりするので、仮想通貨初心者の方はキャッシュバック目当てに口座を開設するのもアリかもしれません。

他社と比較して手数料が安め(ほとんど無料)で、仮想通貨取引専用スマホアプリ(ビットレ君)が充実しているのが特長的。スマホアプリによるチャート分析がめちゃくちゃ便利です。

自社のサーバーを使いまわせることで運用コストを減らせているのでしょう。長年蓄積されてきたノウハウが活かされているように感じます。

運営会社概要:2016年設立、所在地は東京都渋谷

運営元 GMOコイン株式会社
設立 2016年10月
資本金 7.5億円
所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
取締役会長 高島秀行
代表取締役社長 若松剛史

参考:会社情報 | 会社案内 | GMOコイン株式会社

取り扱い仮想通貨

  • Bitcoin(ビットコイン・BTC)
  • 現在は引き出しのみ:Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ・BCH)

特徴

サービス内容 有無
現物取引
簡単売買
クレジットカード購入 ×
信用取引(FXまたはレバレッジ取引)
先物取引 ×
積立 ×
貸仮想通貨サービス ×
ハッキング対策、顧客資産の分別管理
不正ログイン被害の補償

取り引き手数料

レバレッジ手数料(建玉を翌日に持ち越した場合、1日あたり0.05%)以外の手数料は全て無料。日本円の入金、出金、仮想通貨売買や仮想通貨FXの取引手数料は基本的に無料ということです。

GMOコインの徹底比較と評判。仮想通貨FX・売買を実際にやってみた

2017.12.15

仮想通貨の買い方について

仮想通貨の購入方法は以下の記事にて具体的に解説しています。bitFlyerでの買い方となりますが、サイトの仕組み等は少々違いがあるものの、購入方法に関しては他の取引所でも大体同じです。

ビットコインとアルトコインの簡単な買い方。仮想通貨は10円から投資できます

2017.01.11

(以下、アフィリエイトと関連記事)

▼高機能アプリでビットコインFX・現物取引がしたいならGMOコイン

▼コイン積立ならZaif

▼本格的に短期トレードしたいならbitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨投資初心者、ビットコインバブル崩壊で発狂。暴落理由は何?

2017.05.26