AmazonイーサネットアダプタでFire TVを有線LANでネット接続し、高画質を安定化させる方法

Fire TV、Fire TV Stickの回線速度を高速化・安定化させるためには必須のAmazonイーサネットアダプタをレビュー。Amazonプライム・ビデオやNetflixで確実に4KまたはフルHD(1080p)で動画を視聴し続けるためには、LANケーブルでインターネットに接続した方がいい。Wi-Fi環境が劣悪な人のためのアイテムです。

広告

明らかに4K画質が安定化した!

アマゾン(Amazon.co.jp)から発売されているFire TVシリーズの回線速度を安定化させる「Amazon イーサネットアダプタ」という商品を購入したのでレビューします。

2017年モデルの「Fire TV Stick」「Fire TV」は、Wi-Fiには対応しているものの、有線LANには対応していません。しかしアマゾンで公式に販売されている「Amazon イーサネットアダプタ」をFire TV Stick、Fire TV本体に取り付けることで、有線LANでインターネットに接続し、動画の画質を向上・安定化させることが可能です。

実際に2017年10月25日に発売された新型Fire TVに使用してみました。Amazonプライム・ビデオやNetflix(ネットフリックス)では既に4K画質の映画や海外ドラマが配信されています。無線のWi-Fiと比較して、明らかに画質が4K(UHD)に変わる速度が速くなりました。感覚的には20%〜40%の速度アップ。

自宅のWi-Fi環境が良いなら、つまりWi-Fiでのダウンロード速度が15Mbpsを超えるくらいなら「Amazon イーサネットアダプタ」は必要ないでしょう。しかし、少しでも画質を安定化させたいならあった方がいいのではないでしょうか。

開封の儀

「Amazon イーサネットアダプタ」は黒い小箱に入った状態で届きます。

Amazon ethernet Adapter 3

小箱を開けると「Amazon イーサネットアダプタ」が入っていました。

Amazon ethernet Adapter 2

小箱に書かれていた注意書きです。「Amazon イーサネットアダプタ」は、第1世代のFire TV Stickでは使えないので注意しましょう。2017年に発売された新型のFire TV、Fire TV Stickなら使えるので安心してください。

Amazon ethernet Adapter 10

箱の中に入っていたのは「Amazon イーサネットアダプタ」とその説明書が二枚。

Amazon ethernet Adapter 8

本体は四角の形をしています。

Amazon ethernet Adapter 14

本体にはLANケーブルを繋げる部分、電源を供給するUSBポートがあります。

Amazon ethernet Adapter 13

セッティングは超簡単

実際にLANケーブルとUSBケーブルを繋げるとこんな感じ。

Amazon ethernet Adapter 9

2017年モデルのFire TVの場合、最終的にこうなります。

Amazon ethernet Adapter 11

テレビへの繋ぎ方は説明書に日本語で記載されています。「Amazon イーサネットアダプタ」が間に挟まれます。

Fire TVの場合

Fire TVの場合

Fire TV Stickの場合

Fire TV Stickの場合

イーサネット接続だと強制的に有線接続となります。Wi-Fi接続に変更したいならLANケーブルを外せばOKです。

肝心の在庫状況についてですが、Fire TVシリーズはかなりの頻度で在庫切れを起こすせいで、「Amazon イーサネットアダプタ」も同様に在庫切れになりがちです。在庫が残っている状況はかなりラッキーな状態なので、購入はお早めに。

2017年10月25日発売で4K・HDR対応の新型Fire TVの徹底レビューは、以下の記事を参照してください。

4K/HDR対応の新型Amazon Fire TVを徹底レビュー!超高画質と高速動作に感動

2017.10.26

コスパ最強のFire TV Stickのレビューは以下の記事を参考に。

新型Fire TV Stickをレビュー。Amazon Fire TVと性能がほぼ同じで快適

2017.04.06

Fire TV、Fire TV Stickの比較は以下の記事をどうぞ。

新型Amazon Fire TV・Fire TV Stick・Apple TV 4Kの価格等の違いを比較

2017.09.30

【実際に買って比較】新型Fire TV StickとAmazon Fire TVの違いを断言

2017.02.22