【注意喚起】Echo Dotと高級スピーカーの組み合わせが最悪だった例

Amazonから発売されているAIスピーカー「Echoシリーズ」。その中でも最安のEcho Dotと、別売りの高級スピーカーをケーブルで繋げて高音質化を図るはずが、スピーカー側の「何分後かに勝手に電源が切れる」という仕様のせいで、Alexaを日常的に使えなくなるという最悪の事態に陥りました…。

広告

Echo Dotを、ケーブルを使用して他のスピーカーと繋ぎ高音質化させるはずが、めちゃくちゃ不便になったという例を紹介します。

Echo Dotを買う前にスピーカーの仕様をチェックしろ!

結論を言うと、「Echo Dotと繋がったスピーカー」の電源が自動的に切れる仕様のせいで、Alexaを実質的に使えなくなりました。

これ、本当に注意してください。「Echo Dotと既に持っているスピーカーを繋げれば音質も良くなって最高らしいから、Echo Dotを買おう!」と思っている方!まずは今あるスピーカーの仕様を確認してください!何分後かに電源が切れる仕様になっていませんか?!

私が持っているスピーカーの場合は最悪でした。電源を入れた後に何もしていない状態になると、大体15分後くらいに電源が切れる仕組みになっていたのです。音楽を再生している時は勝手に電源が切れたりはしないのですが、この仕様こそがEcho Dotと最悪の相性を生んでいたのです…!

Echo Dotは大丈夫なのに音が出ない理由は「電源切れ」

Echo Dotは「アレクサ」と呼ばれるのを常に待っています。つまり、ずっと電源が入っていないといけないわけです。

Echo Dotとスピーカーをケーブルで繋げると、Echo Dotから出る音が繋げた先のスピーカーから出力されます。

音の出る方のスピーカーの電源が切れていると、「Echo Dotは正常に動作しているのに音が出ない」という事態に陥るわけです。初めは何が起きているのか判明するまで時間が掛かりました…。

対処法は音楽を高音質で聴きたい時だけケーブルで繋げること

Echo Dotとスピーカーを繋げてもAlexaの機能を日常的に使えなくなるだけなので、結局はEcho Dotとスピーカーの接続を解除することにしました。ケーブルを外しました。

するとEcho Dotは常に電源が入っている状態なので、音楽も気軽に聞けるようになりましたし、タイマーなどの本来の機能やスキルも使えるようになり、ようやくEcho Dotを「普通に扱える」ようになりました。

じゃあ前からあるスピーカーはどうなったかと言うと…「良い音で音楽を鳴らしたい時だけEcho Dotとケーブルで繋げる」という中途半端な立ち位置になってしまいました。

EchoかEcho Plusが最強かも

Echoシリーズの中では最安のEcho Dotですが、音質がそれほど良くないというデメリットがあります。Echo Dot以上となると1万円を超えるEchoやEcho Plusがあります。

確かに上位機種は高いですが、音に関してはそこら辺にある高級スピーカーといい勝負をするくらいです。それにEchoやEcho Plusは省スペースで済みますし、値段が高いなりのメリットがあります。

Echo Dotと高級スピーカーを組み合わせるよりも、素直にEchoかEcho Plusを購入した方が幸せになれる場合があります。よく検討してからEchoシリーズを買いましょう…私みたいにならないように……(泣)

ただ、音質などどうでもよくてAlexaを使いたいだけならEcho Dotも全然アリです。今、私のEcho Dotは別の部屋で絶賛活躍中です。

Echoシリーズは安価な物から高機能な物まであります。選択するのに少しばかり悩むことでしょう。以下の記事を参考にしてみてください。

Amazon Echoのおすすめ機種を種類の違いを比較しつつ断言してみる

2018.04.05